5月下旬のリスボンは、毎日快晴でとても気持ちのよい季節!

リスボンは日本と同じように地上に電線があったり、工事をしている場所が多いのだけど
ここロシオ駅の裏は電線や工事もなくて、可愛い街並みが撮れるいいスポット

行く前から楽しみにしていた、パープルのお花”ジャカランダ”は、ピークは過ぎていたものの
場所によっては満開のところもあって、実際に目にする事が出来て嬉しかった♡

ポルトガルと言えば、サーディンの缶詰や魚をモチーフにしたお土産が有名だけど
こんな風に魚のオブジェが窓に飾られていたり、カラフルな建物を見つけるのが楽しい♪

高低差のあるリスボンの街。高地のシアード地区と低地のバイシャ地区を楽に行き来できるよう
1902年に造られ、今も市民の足となっている美しいサンタ・ジュスタのエレベーター。
私達はエレベーターには乗らず、アウグスタ通りを真っ直ぐ進みコメルシオ広場へ

モダンなタイルもあれば、ポルトガルの伝統的なタイル”アズレージョ”がふんだんに使われている建物が
あちこちにあって、自分好みのタイルを探しながら歩いたり

坂道が多いリスボンは、トラムのある風景がとても絵になる。
時々、坂の上から海が見えて嬉しくなったり♡

馬蹄型のアーチが特徴的なロシオ駅をはじめ
アズレージョだけではない、ポルトガルの建築装飾も興味深かった。

ピンクの外観と同じ色のブーゲンビリアの花が咲いている、もとは貴族の邸宅だったホテル。
このホテルのあるアルファマ地区は、細い路地が迷路のように入り組んでいる旧市街。
私達が訪れた時には、6月の”イワシ祭り”のための屋台作りや準備があちこちで行われていて
リスボン市民の生活を間近で感じられるので、おすすめの地区。

今回は、ローカルなリスボンの街を、一緒にのんびり歩いてるような気持ちで楽しんでもらえたら…と
観光名所ではない場所でまとめてみました。観光名所編はまた別の記事で!